アート3Dプリント| 3Dプリンティングは、芸術的創造のために境界を前進させます

3D印刷は、新鮮さを生み出すために生まれ、デザインと製造を新しい方法で実現できるようにします。アーティストは、このレイヤーバイレイヤーテクノロジーの生産性と3D印刷可能な素材の多様性を徐々に解き放ち、芸術的な作品を実現しています。

1.不可能をより多くの可能性に変える

3Dプリントの最大の利点の1つは、デザインがどのように複雑であっても、個人的なカスタマイズを可能にする柔軟性です。革命はほとんどすべての分野で起こっています。アクチュエータ、LED、オーディオタイプの機器用の3D印刷コンポーネントを最終製品に直接組み込むことができるため、製造サイクルが大幅に短縮され、コストが削減されます。例は宝飾品市場でも見ることができます。3D印刷は、高度にカスタマイズされたアーティファクトを作成できます。Philip Beasleyによる「EmotionalVeil」は、不可能性をより多くの可能性に変える3Dプリントの証拠を示しています。

3D印刷技術に触発されたファッションデザインの境界は、仕立て技術にすぎません。これまで2Dで実現することが困難であった多くの構造や形状は、3Dテクノロジーによって実現できます。

2.サイズ制限を超えて

アーティストは、小さな作品でも大きな作品でも、サイズと規模が原因で、デザインと実行が妨げられることがよくあります。しかし、3Dプリントはもはや障害にはなりません。たとえば、ジュエリーデザイナーは、手作りよりも複雑なデザインを作成します。すべての絶妙なディテールと繊細なパターンはすべて、3Dプリンターで正確に表現できます。

3.最大の生産能力

デジタルテクノロジーは、従来のプロトタイピング手法に革命をもたらしています。多くの宝石商は、3Dプリントを利用してオリジナルのプロトタイプを作成しています。デジタル3Dモデルの設計を保存、アクセス、およびコピーするという利便性の恩恵を受けて、製造プロセス全体で時間と投資のコストを削減できます。宝石商や陶芸家は、デジタルで保存された単一のデザインに基づいて、多数の同一のアイテムを安価かつ効率的に設計、プロトタイプ作成、および製造できます。

4.芸術の修復とレクリエーション

3D印刷技術は、まったく新しい作品の設計と製造に使用されるだけではありません。また、以前は復元できなかった歴史的な芸術作品を修復します。アート修復者は、修復前に3Dスキャンを使用して骨董品を評価します。その後、3Dモデル設計ソフトウェアを使用して、彫刻の既存の部分を使用して欠落している要素を再構築し、その後の修復を最大限に成功させます。 

5.国境を越えたメルティングポット

Nervous System'sは、コンピューターサイエンス、数学、生物学、建築のマッシュアップを通じて、ユニークなアート、ジュエリー、家庭用品を作成しています。彼らのプロジェクトは、生物学的プロセスなどのありそうもないソースからインスピレーションを得ており、CADを使用して新しいフォームにマッピングされ、独自のセラミック樹脂材料を使用してセラミックに変換されます。

通常の設計および製造技術による制限がなく、最も珍しい幾何学的設計でさえ、3Dプリンターを使用して作成した場合の構造的完全性と耐久性を備えています。デジタルツールは彼らのプロジェクトの基礎であり、3Dプリントが芸術プロジェクトの精神全体に情報を提供し、制作方法の選択に影響を与えることができるという証拠です。

3Dプリントアートの未来

3Dプリントとアートが融合してより多くの美しさを生み出すことは議論の余地のない現実です。学生から専門家まで、すべてが3Dテクノロジーを創造的に利用し始めています。医療業界、材料開発、建設などのさまざまな分野で幅広い用途があるため、3D印刷により、アーティストはこれまで想像もできなかった分野を探索することができます。


投稿時間:2021年4月7日